カードローンの返済で心掛けること

カードローンでお金を借りたら、利子を付けて返済しなければなりません。その返済ですが、単純に「返せば良い」と考えるのは良くありません。と言うのも、借りたお金を返すのは生活苦に喘ぎながら返すべきではないからです。

つまり、どうせ返済するなら少しでも余裕をもって楽に返済すべきだということです。

たとえばカードローンで30万円の借り入れをした時、無理をして毎月5万円ずつ返すようにしたとします。すると無理をしたのですから、その5万円は家計を圧迫してしまうことでしょう。そうなると、もしも予期しない出費があれば家計は破綻してしまう危険もあります。そんなリスクを負うくらいなら、毎月の返済額を減らすべきなのです。

そうすれば、少しくらい冠婚葬祭などの突然の出費が重なったとしても、生活に大きな悪影響はありません。しかし余裕が無くてギリギリの状態で返済をすると、何かあった場合はアウトです。それゆえ、カードローンの返済は余裕をもって行うのが得策だということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>